遺品整理業者口コミ

大切な人の遺品整理はプロに任せましょう。 - プラスの遺品 マイナスの遺品

プラスの遺品 マイナスの遺品

遺品整理をするときに、一番注意したいのは、遺言書があるかどうかです。
遺言書の有無は、遺品整理の最初の段階でチェックしなければありません。
それは遺言書が故人の意思を確認できる唯一つのものだからです。

遺言書があるかどうかで遺品整理のやりかたは大きく変わってきます。
遺言書は勝手に開けていいものでもないので、取り扱いに関しては法律できちんと定められています。
こういった理由で、遺言書が出てきたら、勝手な扱いはせずに、遺言執行者である弁護士など立会いのもの開封するなどの取り扱いが必要です。
とにかく、遺言書が遺品整理をするときの最も重要なアイテムだと考えておきましょう。

もしも、遺言書がない場合は、民法の規定に則って、家族や親戚に法律を照らし合わせたうえで、遺産贈与が行われます。
これに対して、遺言状が作成させていると、遺産の全てもしくは個々の遺品を家族や親戚の誰に受け継がせるのかを、故人の意思に反映させることができます。
最低減の現金の贈与も認められていますが、民法によりなるべく故人の意思は反映されるようにもなっています。

遺言状の整理をして、裁判所の許可がおりたら、遺品整理に入ります。
故人との最後の整理になるので、きちんと敬った気持ちで行うようにしましょう。

ページ上に戻る